今ならスマホ料金が3ヶ月無料!

【失敗しない】auから楽天モバイルに乗り換える手順と注意点【業界のプロが徹底解説!!】

乗り換え(MNP) 楽天モバイル

本記事は、au利用者向けの楽天モバイルに乗り換える手順と注意点を解説したものです。まず、乗り換える手順の全体像は下記のとおり。

  1. 事前準備
  2. MNP予約番号の取得
  3. 楽天モバイルへの申し込み
  4. 初期設定

» すぐに乗り換え手順を確認する

私はこれまで、7年間携帯ショップで働いた経験、実際に楽天モバイルを利用している経験から、わりと正確な内容をお伝えできると思うので、ぜひ参考にしていただけると幸いです!!

目次

まずはauから楽天モバイルに乗り換える準備・確認をしよう!

  • 契約名義が誰か
  • 免許証の記載内容は最新か
  • キャリアメール使っているか
  • キャリア決済使っているか
  • Apple IDがキャリアメールになっていないか
  • 端末は動作確認されているか
  • SIMロック解除済みか
  • 違約金を減額したか
  • au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)はどうするか
  • 光回線はどうするか

上記の9つを事前に確認しておけば、auから楽天モバイルへの乗り換えで失敗することはかなり減ります。すべて該当しないかと思うので、必要な箇所だけじっくり確認下さい。

事前準備①:契約名義が誰か

楽天モバイルのキャンペーンは1人1回のみ。なので事前に利用者へ名義を変更しておく必要があります。

事前準備②:免許証の記載内容は最新か

乗り換え時に入力する個人情報と免許証など本人確認書類の内容は、完全に一致している必要があります。

事前準備③:キャリアメール使っているか

auから楽天モバイルに乗り換えると、auで利用していたメールアドレスがなくなります。

事前準備④:キャリア決済使っているか

auから楽天モバイルに乗り換えると、auでのキャリア決済(ケータイ料金に合算した支払い方法)が解約となります。

事前準備⑤:Apple IDがキャリアメールになっていないか

パスワードを忘れた際の再設定メールが届かなくなって苦労します。

参考Apple IDを変更する-Appleサポート

事前準備⑥:端末は動作確認されているか

楽天モバイルは新しい通信事業者なので、既存のスマホの多くが使えません。

事前準備⑦:SIMロック解除済みか

楽天モバイルで動作確認されていても、SIMロック解除をしないと使えません。

事前準備⑧:違約金を減額したか

新プランに変更することで、違約金を90%カットできます。新プランが反映される翌月まで待つ必要がありますが、違約金が10,450円から1,100円になります。

事前準備⑨:au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)はどうするか

au PAY カードにご登録されているau IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅら、UQ mobileのご契約がない場合、かつ、当社所定の基準日から1年間カード利用がない場合、その翌年度は年会費1,375円がかかります。
引用元:au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)の年会費は?

au PAY カードは使わないのであれば、将来的に年会費がかかるようになるので、解約しておくのが良いです。

事前準備⑩:光回線はどうするか

光回線をauでまとめていたなら、楽天モバイルの申し込みの際に、一緒に楽天ひかりにまとめるか検討します。料金が少し安くなるし、SPU倍率が増えるので楽天市場で獲得できるポイントを増やせます。

auから楽天モバイルに乗り換え時に必要なもの

  • スマホ(楽天モバイルでスマホを購入しない場合)
  • 本人確認書類(免許証など)
  • クレジットカード or 通帳
  • メールアドレス
  • MNP予約番号

上記の5つです。簡単に見ていきましょう。

必要なもの①:スマホ(楽天モバイルでスマホを購入しない場合)

使えるスマホが少ないので、公式の動作確認の状況を事前に確認します。

必要なもの②:本人確認書類

  • 1点で乗り換えOK
    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
  • 補助書類が必要
    • 保険証
    • 日本国パスポート

基本的な本人確認書類は上記です。書類が増えると写真をアップロードする枚数が増えて手間なので、可能なら免許証を使うのが楽かなと思います。

使える補助書類

  • 電気・都市ガス・水道の領収書やお知らせ
  • 住民票

補助書類は、本人宛てに現住所が記載されている、発行3ヶ月以内のものが使えます。楽天モバイルは、同居していても、家族宛てに届いた公共料金の領収書などは使えないので注意。

必要なもの③:クレジットカード or 通帳

クレジットカードは本人名義以外でも可。
通帳は本人名義のみ、JAバンクは登録不可です。

必要なもの④:メールアドレス

連絡先として登録します。auメールは使えなくなるので、Gmailなどのフリーメールを作成しておきます。

必要なもの⑤:MNP予約番号

楽天モバイルでも同じ電話番号を使うために取得する番号です。取得方法は下記の手順で解説します。

auから楽天モバイルに乗り換える手順

  • MNP予約番号を取得
  • 楽天モバイルへの申し込み
  • 初期設定

上記の4ステップです。

手順①:MNP予約番号を取得|電話番号を楽天モバイルに引き継ぐ

  • 電話(0077-75470 / 9~20時)で取得
  • My auで取得
  • ショップで取得

取得方法は3つ。このご時世ですし電話かWebが良いですね。

電話なら契約内容にあった注意点を案内してもらえるので楽ちんです。ただ引き止め(UQモバイルの提案)があるので、きっぱり断りましょう。

有効期限が申し込み時点で10日以上残っている必要があるので、取得したらすぐに申し込みに進んで下さい。

手順②:楽天モバイルへの申し込み

楽天モバイル公式ページの「お申し込み」ボタンから。楽天IDを入力して進めていきます。

手順③:初期設定|商品が届いてから実施

  • 回線の切り替え
  • APN設定

上記2つを実施します。詳細は下記のページにまとめています。

» APN設定方法を確認する

auから楽天モバイルに乗り換えるタイミングは月末がお得度高い

auの最後の請求は定額です。料金の締め日が末日なので、月末に乗り換えた方がお得ではあります。

楽天モバイル乗り換え後にauへの解約連絡は不要

auから楽天モバイルに乗り換えると、auは自動解約になります。

auから楽天モバイルに乗り換える際のQ&A

ここからは乗り換え時のよくある質問に回答していきます。

auから楽天モバイルへの乗り換えで、キャッシュバックや違約金の負担はあるのか

キャッシュバック、違約金や端末の残債の負担はないです。その代わりと言ってはなんですが、8,000ptの還元や対象のスマホを購入すると最大2.8万ptの還元はあります。

家族でauから楽天モバイルに乗り換えると何か特典はあるのか

紹介特典が使えます。

  • 紹介する方:1,500pt
  • 紹介される方:1,000pt

上記のとおりポイントが貰えるものです。

楽天モバイルに乗り換えると、使えない期間はあるのか

使えない期間は数分程度です。昔は申込みしてから配送までの期間使えない格安SIMが多くありましたが、楽天モバイルは商品が届くまではauで使えます。

auから楽天モバイルへの乗り換えで手数料は発生するのか

au側のみ発生する費用があります。

  • 違約金(解約金):10,450円 or 1,100円
  • 転出料(乗り換え手数料):3,300円
  • 分割残金:スマホによる
  • 最終月の基本料金:契約内容による

契約内容によって異なるので、電話でMNP予約番号を取得して、その際に案内を受けると簡単です。

乗り換えはどれくらいの日数がかかるのか

最短2日、遅くても10日前後で商品が届きます。

ラインのデータ移行はどうすれば良いのか

  • スマホそのままで乗り換え:データ移行の必要なし
  • スマホを購入して乗り換え:データ移行が必要

データ移行が必要な場合のみ、引き継ぎ作業をすれば良いです。

タイミングは乗り換え前でも後でもどちらでもOK。ただ、新しいスマホでラインを開く前に、今まで使っていたスマホでラインの引き継ぎをして下さい。データが消えてしまいます。

参考【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法

以上、お役に立てたら嬉しいです!!

関連【増額中!1月最新】楽天モバイルの4つのキャンペーンを分かりやすく紹介!【逃すと損です】

関連【評判どう?】楽天モバイルUN-LIMITを8か月使った私の口コミとネット上の評判をまとめました

\ 記事をシェアする /