現在、サイト全体を見直し中。デザイン崩れなどご了承下さい。

【2022年最新】ソフトバンクのiPhoneから楽天モバイルに乗り換える手順を完全ガイド!

楽天モバイル ソフトバンク 乗り換え 手順,ソフトバンク 楽天モバイル 乗り換え 手順

本ページでは、ソフトバンクのiPhoneから楽天モバイルに乗り換える手順と注意点を紹介していきます。

また、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるにあたって、失敗を極力避けてほしい!

携帯業界で働いていた頃からそう思ってきたので、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際に確認したい事も細かく紹介していきますね。

乗り換えのガイドブック的な感覚で、最後まで確認していただければ嬉しいです。

かんたんに乗り換え手順をまとめると…

ソフトバンクのiPhoneから楽天モバイルへの乗り換える手順は次のとおり。

  1. 必要なものを用意
  2. iPhoneが使えるか確認
  3. SIMロックを解除
  4. MNP予約番号を取得
  5. 楽天モバイルに申し込む
  6. MNP開通手続きをする

乗り換え後、iPhoneにSIMカードを挿入して必須アプリを2つインストールして使えばOKです。

今ならiPhoneそのままで楽天モバイルに乗り換えると、20,000ポイント貰えるキャンペーン実施中!

\ 5/11 8:59までポイント増額中! /

この記事を書いた人

  • ドコモショップ歴5年の元店長
  • 家電量販店経験も3年ほどあり(全キャリア案内可)
  • これまで格安SIMを10社ほど利用、現在は楽天モバイルとUQとモバイルを併用しています
  • 楽天モバイルはMNOサービス開始の2020年4月から現在まで2年以上利用中
目次

【2022年最新】ソフトバンクのiPhoneから楽天モバイルに乗り換える9の手順

楽天モバイル ソフトバンク 乗り換え 手順,ソフトバンク 楽天モバイル 乗り換え 手順
スクロールできます
乗り換える手順対象者
①:利用中のiPhoneが使えるか確認する全て
②:iPhoneのSIMロックを解除する全て
③:必要なものを用意する全て
④:MNP予約番号を取得する全て
⑤:楽天モバイルに申し込む全て
⑥:MNP開通手続きをする全て
⑦:SIMカードをiPhoneに入れるeSIMを選ばない人(ほぼ全ての人)
⑧:必須アプリを2つインストールする全て
⑨:データ移行する新しいiPhoneを購入した人
タップして好きなところから確認できます!

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える手順は、上記の9ステップ。

楽天モバイルへの乗り換えで失敗リスクを減らすため、それぞれ説明していきますね。

手順①|利用中のiPhoneが使えるか確認する

楽天モバイルで使えるiPhone楽天モバイルで使えないiPhone
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone X
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
iPhone SE2
iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
iPhone SE3
iPhone(初代)
iPhone 3G
iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4s
iPhone 5
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone 6 / 6Plus
※要SIMロック解除、iOS14.4以上

楽天モバイルは、iOS14.4以上が搭載されたiPhone6s以降が対応機種。

楽天モバイルのサービス開始直後は非対応、2021年4月26日以前はiPhone XS以降しか使えなかったので、やっとここまで来た感が強いです。

利用中のiPhoneに不満がなければ、そのまま使えます。

もし、楽天モバイルで使えないiPhoneを使っているなら、お得にiPhoneを購入する方法があるので楽天モバイルへの乗り換えと一緒に機種変更を検討してみて下さいね。

» お得なiPhoneの購入方法を確認する

ちなみに、ソフトバンクで購入したiPhoneを楽天モバイルでそのまま使う場合、SIMロック解除が必要なのでご注意下さい。

手順②|iPhoneのSIMロックを解除

SIMロック解除は、ソフトバンクの契約でしか使えない制限を解除する手続き。

ソフトバンクで購入したiPhoneには、SIMロックがかかっています。

手続きと言っても、1~2分で終わるかんたんな手続きで、よくお客さんに「そんなかんたんにできるんですね」と何度も言われたものです。

まずは、利用中のiPhoneにSIMロックがかかっているか確認しましょう。

iPhoneのSIMロックの有無を確認する手順

iphone simロック解除 確認
SIMロックなしそのまま使えます
SIMロックありSIMロック解除が必要です

設定一般情報の順に画面をタップしていき、「SIMロック」の項目を確認。

「SIMロックあり」の方は、SIMロックの解除が必要です。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除場所費用
My Softbank0円
ソフトバンクショップ3,300円

SIMロック解除は、My Softbankかソフトバンクショップで手続きします。

特別な理由がない限り、無料なのでMy Softbankからの手続きがおすすめ。

手続きと言っても、iPhoneの『IMEI』と『SIMロック解除理由』を選択するだけのかんたんな手続き。

1~2分程度で終わるのでご安心下さい。

詳細なSIMロック解除の手順は、こちらのページで画像付きでまとめているので、ご確認下さい。

手順③|必要なものを用意する

  • 本人確認書類
  • 支払い情報
  • 楽天IDとパスワード

楽天モバイルの申し込みに必要なものは、基本は上記の3つ。

それぞれ確認していきましょう。

本人確認書類

スクロールできます
本人確認書類1点で受付備考
運転免許証
1点で受付OK
有効期限内のもので、氏名や住所が最新の状態に更新されていること
マイナンバーカード
1点で受付OK
通知カードはNG
有効期限内のもので、顔写真付きのもの
健康保険証
補助書類が必要
住所の記載がない場合は、裏面に現住所を手書きする
※一般的なもので紹介

本人確認書類は、上の3つから選べば問題なし。

よくあるのが、引越後に免許の書き換えが済んでなかったり、結婚してから名字の書き換えが済んでなかったりですね。

あとたまにいらっしゃるのが、免許証の裏書きに手書きしちゃってるパターン。

免許証の裏書きは公的印がないと無効なので、楽天モバイルに乗り換える前に最寄りの警察署や免許センターで更新してもらって下さい。

支払い情報

スクロールできます
支払い方法利用可能必要な情報
クレジットカード楽天カード
VISAカード
Masterカード
アメックスカード
JCBカード
DCカード
カード番号
カード名義
有効期限
セキュリティコード
デビットカード楽天銀行デビットカードカード番号
カード名義
有効期限
セキュリティコード
銀行口座(手数料110円/月)利用できる銀行口座はこちらから確認口座番号
口座名義
銀行コード
残高の下4桁

楽天モバイルで使える支払い方法は、上表の3つ。

他社のクレジットカードでポイントを貯めているなら別ですが、支払いは楽天カードにする方が損しないです。

楽天モバイルは、楽天カードとのセット申し込みで通常より2,000pt多く貰えますよ。

» 楽天カードとのセット申し込みの詳細を見る

銀行口座での支払いをする場合は、毎月引き落とし手数料が110円かかるので注意して下さいね。

楽天IDとパスワード

楽天モバイルの申し込みには、楽天IDとパスワードが必須

楽天IDをお持ちの方は、まずログインできるか試してみて、楽天IDとパスワードが合っているか確認するといいですよ。

ログインできない場合や楽天IDが不明な場合は、こちらのページから確認と変更しておいて下さい。

まだ楽天IDを持っていない方は、新しく作成しておくと申し込みが楽です。楽天IDはこちらのページで作成できますよ。

手順④|MNP予約番号を取得

スクロールできます
手続き場所かんたんさ受付時間手続き方法
My Softbank9~20時半My Softbankにログインして、画面に従って進める
電話窓口9~20時
ソフトバンクショップ10~19時最寄りのソフトバンクショップで手続き

MNP予約番号は、ソフトバンクで使っている電話番号を楽天モバイルに引き継ぐために必要なもの。

上表のとおり、3つの取得方法があります。

契約内容を把握しているなら2~3分ほどで完了するので、My Softbankからの取得でOKです。

心配な方は、契約内容にあった注意点を教えてもらえるから電話での取得がおすすめ。

ソフトバンクは強めの引き止め(期間限定の割引やワイモバイルの提案)があるから、「もう楽天モバイルに決めました!」と強い意思を伝えると経験上、早くMNP予約番号が貰えますよ。

MNP予約番号は、取得日含めて15日間が有効期限です。
Webから楽天モバイルに申し込む際、有効期限が7日以上残っている必要があるので、MNP予約番号を取得したらすぐ申し込みのステップに移りましょう。有効期限が切れた場合、取得し直しが手間です。

手順⑤|楽天モバイルに申し込む

MNP予約番号を取得したら、楽天モバイルの申し込みに進みましょう。

楽天モバイルの申し込みは、10分前後で終わります。

楽天モバイル公式ページにアクセスしたら、画面右上の申し込むをタップして進めて下さい。

基本的には、画面に従って内容を入力・選択していくだけ。

入力する内容と本人確認書類の内容は完全に一致させる必要があるので、よく確認して下さいね。

もし楽天モバイルの申し込み手順がご不安でしたら、下記のページで画像を40枚以上使って解説しているので、ご確認下さいね。申し込み内容で審査落ちしないポイントまで紹介しています。

手順⑥|MNP開通手続きする(SIMカードが届いてから!)

受付時間開通のタイミング
9:00~21:00当日中
21:01~翌8:59翌9:00以降

SIMカードが届いてから、MNP開通手続きをすることで楽天モバイルの契約がスタートします。

MNP開通には受付時間があるので、上の表をご確認下さい。

MNP開通手続きは、Wi-Fiやテザリング、他社SIMのモバイル回線などのインターネット環境が必要です。

nanoSIM(物理的なSIMカード)の場合は、my楽天モバイルでMNP開通手続きのみ。

eSIMの場合は、MNP開通手続き直後に表示されるQRコードを読み込んで設定も必要です。

詳細な手順は、別ページで画像付きで解説しているので確認しつつやってみて下さい。

手順⑦|SIMカードをiPhoneに入れる(nanoSIMのみ)

MNP開通手続きが完了したら、iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを入れていきましょう。

流れは下記のとおり。細かく説明していきますね。

  1. SIMカードをnanoSIMサイズにカット
  2. iPhoneにカットしたSIMカードを入れる

SIMカードをnanoSIMサイズにカット

楽天モバイル SIMカード 切り離し方

まずは、楽天モバイルのSIMカードをiPhoneに合うnanoSIMサイズにカットします。

SIMカードのカットは、上の画像のように一番小さいサイズの切り込みに爪を当てて押し込めばOK。

iPhoneからSIMトレーを引き出してカットしたSIMカードを挿入する

次に、カットしたSIMカードをiPhoneに挿入します。

iPhoneは、上の画像のようにSIMトレーにSIMカードを乗せて本体に入れるようになっています。

SIMトレーは、iPhoneの画面に向かって左側面の小さな穴にSIMピン(クリップなどでも代用可)をさして引き出せますよ。

手順⑧|必須アプリをインストールする

RakutenLink国内通話かけ放題のために必須のアプリ
my楽天モバイル楽天モバイル版のMy Softbank
契約内容の確認や変更、接続回線の確認などができるアプリ

楽天モバイルを使ううえで、上2つのアプリは必須です。

特にRakutenLinkアプリは最重要アプリ。

RakutenLinkアプリから発信しないと、国内通話が無料にならないです。

また、楽天モバイルのキャンペーンは、RakutenLinkアプリの利用が条件となっているので、必ずインストールして使って下さいね。

楽天モバイルで必須となる2つのアプリ
Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

my 楽天モバイル

my 楽天モバイル

Rakuten Mobile, Inc.無料posted withアプリーチ

手順⑨|必要に応じてデータ移行する

スクロールできます
データ移行方法かんたんさ備考
クイックスタートiPhoneを2台並べてかんたんに移行できる
※iOSの更新が必要な場合あり
iTunesバックアップPC側の操作が必要
iCloudバックアップ無料だとiCloudにバックアップできるデータは5GBまで
※iOSの更新が必要な場合あり
手動iPhonepとPCを接続して直接データを移行する方法

iPhoneを機種変更した場合のみ、データ移行が必要です。

最近だとクイックスタートでのデータ移行がかんたんなのでおすすめ。

↓ Apple公式の動画が参考になるのでどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる