オンライン限定!お得なキャンペーン実施中!!詳細を見てみる »

楽天モバイルの乗り換え先におすすめな通話SIM10社– 0円廃止が改悪と思うならMNPしよう! –

  • 楽天モバイルの通話品質が良くない
  • 楽天モバイルが0円で使えなくなった
  • 楽天モバイルの電波が弱い、圏外で使えない

楽天モバイルが0円プランを廃止した事もあり、どこに乗り換えるかお悩みではないですか?

私もそのひとりでして、めちゃくちゃ楽天モバイルの乗り換え先を検討しました。

乗り換え先を吟味する中でおすすめできる10社を選定したので、本ページで紹介していきます。

この記事を書いた人

楠木 楽天モバイル体験記の管理人


元ドコモショップ店長。8年ほど携帯業界で働いていました。スマホ料金の節約が好きで、これまで利用した格安SIMは10社以上。楽天モバイルは2年以上利用中。

▼ 在籍中に取得した資格
グランマイスター / テクノマイスター / iPhone Master

目次

楽天モバイルの乗り換え先におすすめな事業者10選!

楽天モバイルからの乗り換え先としておすすめな事業者は、下記の10社です。

↓事業者名をタップすると、説明部分に飛べます。

比較項目 LINEMO ahamo povo2.0 mineo(マイそく) UQモバイル 日本通信SIM HISモバイル NURO mobile IIJmio OCNモバイルONE
月額料金 3GB:990円~ 20GB:2,970円~ 0GB:0円~ 最大300kbps:660円~ 3GB:1,628円~ 1GB:290円~ 0.1GB:290円~ 3GB:792円~ 2GB:850円~ 0.5GB:550円~
通話料
  • 22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円/月
  • 完全かけ放題:1,650円/月
  • 5分かけ放題付き(超過時22円/30秒)
  • 完全かけ放題:1,100円/月
  • 22円/30秒
  • 5分かけ放題トッピング:550円/月
  • 完全かけ放題トッピング:1,650円/月
  • 10円/30秒
  • 10分かけ放題:550円/月
  • 完全かけ放題:1,210円/月
  • 22円/30秒
  • 月60分かけ放題:550円/月
  • 10分かけ放題:770円/月
  • 完全かけ放題:1,870円/月
  • 11円/30秒
  • 月70分かけ放題:700円/月
  • 完全かけ放題:1,600円/月
  • 9円/30秒
  • 5分かけ放題:500円/月
  • 完全かけ放題:1,480円/月
  • 11円/30秒
  • 5分かけ放題:490円/月
  • 10分かけ放題:880円/月
  • 11円/30秒
  • 5分かけ放題:500円
  • 10分かけ放題:700円
  • 完全かけ放題:1,400円
  • 11円/30秒
  • 10分かけ放題:935円
  • トップ3かけ放題:935円
  • 完全かけ放題:1,430円
通話品質
利用回線 ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線 ドコモ/au/ソフトバンク回線 au回線 ドコモ回線 ドコモ回線 ドコモ/au/ソフトバンク回線 ドコモ/au回線 ドコモ回線
キャンペーン
  • 3GBプランが6か月実質0円
  • かけ放題オプションが1年間550円引き
大盛りプラン(100GB)加入時、毎月1,980ポイントが2022年12月まで還元
  • 10分かけ放題が1年間110円/月引き
  • 完全かけ放題が1年間220円/月引き
auPAY残高に最大13,000円分還元
  • 事務手数料0円
  • 150,000円キャッシュバック
  • 基本料金が6ヶ月間440円引き
  • 通話定額オプションが7ヶ月間410円引き
定期的に端末セールを実施
リンク

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

公式サイト

詳細(準備中)

楽天モバイルの乗り換え先におすすめな事業者一覧
楠木

順番に紹介していきますね!

LINEMO

比較項目 楽天モバイル LINEMO
月額料金

【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ(従量制)】

  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円/月
  • 完全かけ放題:1,650円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり) ソフトバンク回線
キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円

※併用不可

  • 3GBプランが6ヶ月間実質0円
  • かけ放題オプションが1年間550円引き
詳細

楽天モバイル公式サイト

LINEMO公式サイト

LINEMOはソフトバンクの格安ブランド。3GBが990円で使えます。

ソフトバンクが自社で回線を提供しているので、通話品質や電波の安定性が◎。

もう電話で相手に迷惑をかけたり、レジでPayPayが使えないなんて事がなくなります。

今なら3GBプランが6ヶ月間実質0円になるキャンペーンを実施中。990円がPayPayで返ってきます。

さらに、かけ放題オプションが1年間550円引きになるキャンペーンもあり。

5分かけ放題が0円、完全かけ放題が1,100円で使えるので、楽天モバイルのように割安で通話できちゃうのもポイント。

LINEMOのデメリットLINEMOのメリット
  • 申し込みはWebのみ
  • 端末は別で購入する
  • 店舗サポートなし
  • ソフトバンク自体が提供する回線を990円の格安料金で使える
  • 通話・電波共に品質が高い
  • LINEが使い放題
  • 事務手数料が無料
  • 基本料金とかけ放題オプションのキャンペーンが熱い
LINEMOがおすすめな人
  • 楽天モバイルの通話品質に不満がある人
  • 安定した回線を使いたい人
  • 口座振替でスマホ料金を支払いたい人
  • お子さんに安心してスマホを持たせたい人

\ 公式ページの確認はこちらから /

ahamo

比較項目 楽天モバイル ahamo
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ(従量制)】
  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
  • 20GB:2,970円
  • 100GB:4,950円
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 5分かけ放題付き(超過時22円/30秒)
  • 完全かけ放題:1,100円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり) ドコモ回線
キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円
※併用不可
大盛りプラン(100GB)加入時、毎月1,980ポイントが2022年12月まで還元
詳細

楽天モバイル公式サイト

ahamo公式サイト

ahamoはドコモの格安プラン。

20GBと100GBのプランを提供しています。

楽天モバイルで20GB以上使っていた人は、ahamoが100GBプランがあるので安心ですね。

ドコモが自社で回線を提供しているので、通話・通信共に品質が◎。

また、基本料金に5分かけ放題が含まれているので、短い電話を何回もかける人にはピッタリです。

ahamoのデメリットahamoのメリット
  • 申し込みはWebのみ
  • 小容量プランはない
  • ドコモ自体が提供する安定した回線を割安で使える
  • 通話・電波共に品質が高い
  • 端末のセット売りをしている
  • 事務手数料が無料
  • 有料だけどドコモショップでアフターサポートあり
ahamoがおすすめな人
  • 楽天モバイルの通話品質に不満がある人
  • 安心のドコモ回線を割安で使いたい人
  • 毎月20GB以上使う人

\ 公式ページの確認はこちらから /

povo2.0

比較項目 楽天モバイル povo2.0
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ】
  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
0GB:0円
  • 【トッピング】3GB:990円/30日
  • 【トッピング】20GB:2,700円/30日
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円/月
  • 完全かけ放題:1,650円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり) au回線
キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円
※併用不可
詳細

楽天モバイル公式サイト

povo2.0公式サイト

povo2.0はKDDIの格安ブランド。

基本料金が0円で、必要なオプションをトッピング(購入)する斬新なプランを提供しています。

例えば、下記のイメージ。

  • 3GBをトッピング:3GBが30日間990円で使える
  • かけ放題のみトッピング:1,650円でかけ放題だけ使える

また、通常3,000円するDAZNを7日間760円で使えるトッピングもあります。

クライマックスシリーズやワールドカップなど決まった期間のみ割安でDAZNが使えるのがポイント。

回線は、KDDIが自社で提供しているので、通話も通信も安定性が◎。

基本料金が0円なので、楽天モバイルを0円運用していた人の乗り換え先にはピッタリです。

povo2.0のデメリットpovo2.0のメリット
  • 申し込みはWebのみ
  • 毎回トッピングする手間がある
  • 専用アプリからしか申し込めない
  • 店舗サポートなし
  • 基本料金0円
  • 通話・電波共に品質が高い
  • 事務手数料が無料
  • DAZNが割安で使える
povo2.0がおすすめな人
  • 楽天モバイルを0円運用していた人
  • サブの電話番号が欲しい人
  • 格安でかけ放題が欲しい人

\ 公式ページの確認はこちらから /

mineo

比較項目 楽天モバイル mineo(マイそく)
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ】
  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
  • ライト(最大300kbps):660円
  • スタンダード(最大1.5Mbps):990円
  • プレミアム(最大3Mbps):2,200円
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 10円/30秒
  • 10分かけ放題:550円/月
  • 完全かけ放題:1,210円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり) ドコモ/au/ソフトバンク回線
キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円
※併用不可
  • 10分かけ放題が110円/月引き
  • 完全かけ放題が220円/月引き
詳細

楽天モバイル公式サイト

mineo公式サイト

mineoは、オプテージ社が提供する格安SIM。

利用するデータ容量(ギガ)からプランを選ぶ「マイぴた」と、中低速で無制限に使える「マイそく」の2つのプランから選べます。

その中で、「マイそく」が楽天モバイルから乗り換えるならおすすめ。

「マイそく」のスタンダードプランなら、月額990円で最大1.5Mbpsの速度で使い放題(12~13時は制限あり)になります。

1.5Mbpsは、LINEやYouTube、SNSが快適に使える速度なので、スマホでゲームをしない人にピッタリ。

遅さを感じた時は、330円を追加課金して24時間限定で高速通信を開放することも可能。

また、かけ放題と組み合わせると2,200円で完全かけ放題が使えて、povo2.0に次いで格安。

今なら1年間かけ放題が220円引きの1,980円で使えてお得です。

mineoのデメリットmineoのメリット
  • 平日12~13時は使い物にならない速度に制限される
  • 店舗サポートなし
  • 中低速(1.5Mbps)で使い放題
  • ドコモ、au、ソフトバンクから好きな回線を選べる
  • 割安でかけ放題が使える
mine(マイそく)がおすすめな人
  • LINEやYouTube利用がメインな人
  • 12~13時にスマホを使わない人
  • 格安でかけ放題が欲しい人

\ 公式ページの確認はこちらから /

日本通信SIM

比較項目 楽天モバイル 日本通信SIM(合理的シンプル290プラン)
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ】
  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
1GB:290円
以降100GBまで220円/1GB課金
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 11円/30秒
  • 月70分かけ放題:700円/月
  • 完全かけ放題:1,600円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり) ドコモ回線
キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円
※併用不可
詳細

楽天モバイル公式サイト

日本通信SIM公式サイト

日本通信SIMは、日本通信社が提供する格安SIMのブランドの1つ。

基本料金は1GBで290円。100GBまで220円/1GBで使えます。

初期設定だと10GBが上限に設定されていますが、マイページから任意のデータ容量(ギガ)に変更可。

回線はドコモ回線。利用者が少ないのか2022年8月に使ってみたら12時台も快適でした。

通話品質は電話回線を利用しているので品質・音質共に〇。

標準でんわアプリから発信できるので、楽天モバイルのような面倒はないです。

日本通信SIMのデメリット日本通信SIMのメリット
  • 申し込み後、マイページからデータ容量の上限設定や通話オプションの加入が必要で分かりづらかった
  • マイページのアプリ版がない
  • 端末は別で購入する必要あり
  • 店舗サポートなし
  • 安心のドコモ回線が格安で使える
  • 使い方に合わせた契約ができる
  • 通話品質・音質が良い
  • 通話がメインなら1GBと完全かけ放題で1,890円/月と格安
日本通信SIMがおすすめな人
  • 楽天モバイルの通話品質に不満がある人
  • 毎月のデータ容量(ギガ)が1GB未満の人
  • 通話がメインな人
  • 携帯会社にムダなお金を払いたくない人

\ 公式ページの確認はこちらから /

HISモバイル

比較項目 楽天モバイル HISモバイル
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ】
  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
  • 0.1GB:290円
  • 1GB:550円
  • 3GB:770円
  • 7GB:990円
  • 20GB:2,190円
  • 50GB:5,990円
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 9円/30秒
  • 5分かけ放題:500円/月
  • 完全かけ放題:1,480円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり) ドコモ回線
キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円
※併用不可
詳細

楽天モバイル公式サイト

HISモバイル公式サイト

HISモバイルは、大手旅行会社のエイチ・アイ・エスと日本通信が共同出資して作った会社「HISモバイル社」が提供する格安SIM。

ノウハウを日本通信からもらっているのか、プラン内容が日本通信SIMと酷似しています。

基本料金は、1GB550円から選択可。

1GBプランにかけ放題を追加する場合+1,480円、合計2,030円で電話し放題です。

さらに、データ容量(ギガ)が0.1GB未満で抑えられた月は、基本料金が290円に。

1,770円でかけ放題が使えるので、サブ回線や通話しか使わない人に最適ですね。

回線はドコモ回線。通話品質は電話回線を使っているので品質・音質共に〇。

標準でんわを使えるので、楽天モバイルのようにアプリから通話する気づかれなし。

HISモバイルのデメリットHISモバイルのメリット
  • 最安のかけ放題運用には、データ通信(ギガ)がほぼ使えない
  • 店舗サポートなし
  • 安心のドコモ回線が格安で使える
  • 通話品質・音質が良い
  • 端末のセット売りをしている
  • 通話がメインなら0.1GBと完全かけ放題で1,7700円/月と最安
HISモバイルがおすすめな人
  • 楽天モバイルの通話品質に不満がある人
  • 通話しかしない人
  • サブ回線が欲しい人

\ 公式ページの確認はこちらから /

NURO Mobile

比較項目 楽天モバイル NURO Mobile
月額料金 【Rakuten UN-LIMIT Ⅶ】
  • ~3GB:1,078円
  • ~20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
【バリュープラン】
  • 3GB:792円
  • 5GB:990円
  • 10GB:1,485円

【NEOプラン】

  • NEOプランLite(20GB):2,090円
  • NEOプラン(20GB+α):2,699円
通話料
  • 22円/30秒
  • 15分かけ放題:1,100円/月
  • Rakuten Linkアプリ利用時:無料
  • 11円/30秒
  • 5分かけ放題:490円/月
  • 10分かけ放題:880円/月
通話品質
利用回線 楽天回線(一部でパートナー回線あり)

【バリュープラン】
ドコモ/au/ソフトバンク回線

【NEOプラン】
ドコモ回線

キャンペーン
  • 最大8,000ポイント還元
  • 端末値引き最大19,000円
※併用不可
詳細

楽天モバイル公式サイト

NURO Mobile公式サイト

NURO Mobileは、ソニーグループが提供する格安SIM。3GBが792円と最安水準です。

独自サービスが充実していて、5GBプラン以上ならLINEのトークと通話が使い放題。さらに3か月に1回、ボーナスパケットが貰えちゃいます。

ボーナスパケットはまとめて使うも良し、3か月で分けて使うも良し。

例えば5GBプランはボーナスパケットが3GB。1GBづつ分ければ毎月6GBが990円で使えてお得度UP。

回線はドコモ回線。バリュープランのみドコモ・au・ソフトバンクから好きな回線が選べます。

電話は専用アプリ不要で通話品質〇。

今なら事務手数料無料キャンペーンを実施しています。

NURO mobileのデメリットNURO mobileのメリット
  • 完全かけ放題の提供はない
  • 端末が定価販売
  • 店舗サポートなし
  • 3か月に1度ボーナスパケットあり
  • LINEやSNSが使い放題になる特典あり
  • 20GBプランは専用帯域で快適に使える
  • 通話品質・音質が良い
  • 端末のセット売りをしている
NURO Mobileがおすすめな人
  • 楽天モバイルの通話・通信の品質に不満がある人
  • 毎月のデータ使用量(ギガ)が3~5GBの人
  • 外出先でもスマホをよく使って、毎月20GB以上必要な人
  • 通話が10分かけ放題までで十分な人

\ 公式ページの確認はこちらから /

楽天モバイルから乗り換える際の注意点

  • 端末の残債が残る
  • 利用中の端末が動作確認済みか確認する

楽天モバイルから乗り換え先にMNPする際の注意点は、上記の2つ。

楠木

それぞれ説明していきます!

端末の残債が残る

楽天モバイルで端末を分割購入した場合、端末の残債が残ります。

楽天モバイルは大手3社と異なり、クレジットカードでの分割だからです。

そのため完済まで支払いが続きます。

もし一括で精算したい場合は、分割払いをしたクレジットカードへの問い合わせが必要。

楽天モバイルでは変更できないので注意して下さい。

利用中の端末が動作確認済みか

利用中の端末を乗り換え先で使う場合、動作確認されているか確認が必要です。

Androidスマホの場合、使えない端末も存在するからです。

動作確認済みかの確認は各社下記のページから。

» 動作確認済みページ一覧

例えばLINEMOの場合は、下記の手順で確認します。

ちなみに、利用中の端末は本体設定から機種名の確認ができます。

本体設定>デバイス情報>デバイス名を確認(※機種によって表記は異なります)。

なお、iPhoneは次に紹介するSIMロック解除ができれば全てLINEMOで使えます。

楽天モバイルから乗り換え先にMNPする手順

  1. SIMロック解除をする
  2. MNP予約番号を取得
  3. 乗り換え先に申し込む
  4. 乗り換え先の開通手続きをする
  5. インターネット設定をする

楽天モバイルから乗り換え先にMNPするおおまかな流れは、上記のとおり。

楠木

それぞれ説明していきます!

手順①:SIMロック解除をする

ご利用端末の動作確認が済んだら、SIMロック解除を行います。

キャリアで販売された端末には、購入したキャリアの通信でしか使えないロックがかかっているからです。

SIMロック解除は、Webから自分で行えば無料、ショップにお願いすると3,300円かかります。

かんたんな手続きなので、可能な限り自分で行ってムダな費用を削減したいです。

手順はキャリアによって若干違いますが、基本は製造番号(IMEI)を確認後、各社のマイページから行っていきます。

【一応、このページだけでもわかるようにかんたんな手順を画像化する?】

キャリア別の詳細なSIMロック解除手順は、下記のページからご確認下さい。

  • ドコモで購入したiPhoneのSIMロック解除手順
  • auで購入したiPhoneのSIMロック解除手順
  • ソフトバンク光で購入したiPhoneのSIMロック解除手順

手順②:MNP予約番号を取得

MNP予約番号は、今使っている電話番号を乗り換え先に引き継ぐために必要。

取得方法は、電話かWebからの手続きとなります。

今は各キャリアとも解約金も転出手数料もかからなくなったので、マイページから取得できる方は取得してOK。

ただ、契約内容によってはマイページから取得できないケースもあるので、よりかんたんに取得したい場合は下記の電話窓口に問い合わせると良いです。

多少の引き止めがあると思うので、「もう決めたので大丈夫です」とキッパリ勧誘は断ってOKですよ。

【各社の電話番号一覧】

手順③:乗り換え先に申し込む

MNP予約番号が取得できたら、いよいよ乗り換え手続きです。

MNP予約番号の有効期限の残り日数が指定されている事業者もあるので、MNP予約番号を取得したらすぐ乗り換え先の申し込み手続きをすると良いですよ。

乗り換え先に選んだ事業者の申し込みページで、表示される画面に従って進めて下さい。

事業者によって若干手順が異なりますが、下記の流れが一般的です。

  • プランやオプションを選択
  • 個人情報の入力
  • 支払い方法の設定
  • 本人確書類のアップロード

下記に、各社の申し込みページへのリンクを貼っておきますね。

» 申し込みページへのリンク一覧

手順④:乗り換え先の開通手続きをする

乗り換え申し込みが完了したら、数日で商品(SIMカードや端末)が届きます。

商品が届き次第、SIMカードと一緒に届く手順書のとおり、乗り換え先の開通手続きを行っていきます。

手順はたいてい、マイページにアクセスして開通ボタンをタップするか、指定の自動音声窓口に電話する程度。

開通手続きには受付時間があるので、手続き時間にご注意下さい。

例えばLINEMOの場合、下記の受付時間が設けられています。

  • マイページからの手続き:9:00~20:30
  • 自動音声窓口での手続き:10:00~19:00

手順⑤:インターネット設定をする

開通手続きが終わったら、SIMカードを本体にセットして必要に応じて設定をしていきます。

どの事業者も次の設定が一般的。

  • iPhone:キャリアアップデートのみ実施
    もしくは構成プロファイルを併せてインストールする
  • Androidスマホ:APN設定に必要事項を入力する

LINEMOを例に、説明していきますね。

iPhoneのインターネット設定手順

設定>一般>情報>画面が変わったらしばらく待って表示されるキャリアアップデートで「アップデート」をタップ。

上記で繋がらない場合、構成プロファイルをインストールします。

構成プロファイル(←タップすると設定ファイルがダウンロードされます)をダウンロードして、表示される画面で「許可」をタップ。

設定を開いて、「ファイルがダウンロードされました」をタップ>インストール>パスコードを入力>インストール>完了の順にしたら終わりです。

Androidスマホのインターネット設定手順

設定>ネットワークとインターネット>モバイルネットワーク>アクセスポイント名>右上の「+」の順にタップして下記の情報を入力します。

※Androidスマホは機種によって表記が異なります

APN情報は、スマホに表示されている項目のみ設定すればOKですよ。

  • 名前:LINEMO
  • AP:plus.acs.jp
  • ユーザー名:lm
  • パスワード:lm
  • MCC:440
  • MN:20
  • 認証タイプ:CHAP
  • APNタイプ:default,mms,supl,hipri

楽天モバイルで購入したiPhoneは乗り換え先でそのまま使える?

楽天モバイルで購入したiPhoneは、どこに乗り換えるにしてもそのまま使えます。

UN-LIMITプラン(MNO)の楽天モバイルは、そもそもiPhone13シリーズから販売しているのでSIMロックがかかていません。

なので何もしなくても、そのまま乗り換え先で使うことができますよ。

楽天モバイルで違約金などの費用は発生する?

楽天モバイルには違約金も転出手数料も設定されていないので、乗り換えにかかる手数料は0円。

かかる費用は、乗り換える最終月の月額料金のみです。

楽天モバイルには日割りという概念がないので、乗り換え手続きが完了するまでに使用したデータ量(ギガ)で請求が決まります。

楽天モバイルから乗り換え先にMNPするタイミング

楽天モバイルから乗り換え先にMNPするベストなタイミングは、基本月末です。

理由は乗り換え先の初月の料金が日割りされるから。

ただし、楽天モバイルのプランが従量制なのでデータ使用量(ギガ)によっては即乗り換えた方がいい場合もあります。

my楽天モバイルで現状のデータ使用量を確認してみて下さい。

【画像】

楽天モバイルは、3GB、20GBのタイミングで料金の段階が上がるので3GB、20GB手前の状態ならすぐに乗り換えた方が安く済みますよ。

楽天モバイルの乗り換え先におすすめな事業者のまとめ

楽天モバイルの乗り換え先におすすめな通話SIMの一覧表です。

1