【遅い時間は?】楽天モバイルの実速度から遅い時の対策まで紹介【利用者の口コミあり】

楽天モバイル

注意

本情報は楽天モバイル(MVNO)の情報です。

MVNOの受付は2020年4月7日で終了しています。

楽天モバイルに申し込むとなると、今はMNOのRakuten UN-LIMITへの申し込みとなるので、詳細は楽天モバイルのUN-LIMITプランを解説【スマホ史上最強のプランです】をご確認下さい。

 

楽天モバイルの速度が気になる人「楽天モバイルへ乗り換えを検討してるけど、問題なく使える速度がでるの?乗り換えで失敗したくないから実際に使ってる人の話しを聞きたいなぁ…」

 

楽天モバイルは、楽天ポイントが非常にたまりやすくなるけど、気になるのは実際に使える速度が出るかですよね。

そこで、こういった疑問にお答えする記事を用意しました。

本記事の内容

  1. どの程度使える速度なのか
  2. 遅い時間帯はいつなのか
  3. 利用者の口コミ
  4. 速度が遅い理由と対策

私も楽天モバイルを実際に利用しているので、ユーザー目線の使用感をお伝えしていきますね。

楽天モバイルの速度は遅い?実速度と使用感

楽天モバイルの速度は遅い?実速度と使用感
正直、大手キャリアから乗り換えると、楽天モバイルの速度は遅いと感じます。
具体的に紹介しますね。

楽天モバイルの実速度と遅くなる時間帯

私の住んでいる地域(田舎です)で複数回、スピードテストした結果の平均値が次のとおりです。

※速い数字を出す会社もあるため、数値は目安

  • 楽天モバイル
    高速通信時:3.0Mbps
    低速通信時:1.0Mbps(※)
  • ドコモ:31.03Mbps

※12〜13時、18〜19時の合計2時間は、300kbpsに規制されます。

参考にドコモのテスト結果もつけてみました。
数字を比較すると楽天モバイルは遅いですね。

また、新宿某所でリアルタイム計測しているSIMWというサイトもあるので、こちらも参考にするといいですよ。

以下のグラフは赤色がドコモ、茶色が楽天モバイルです。


注目すべきはグラフで下がっている箇所。
8時、12時、18時の時間帯は極端に下がってますよね。

聞いたことある方もいるかもですが、楽天モバイルをはじめとする格安SIMは時間帯によって極端に遅くなるんです。

では次に、実際の使用感を紹介していきます。

遅いけど、たいていのことはストレスなく使える

結論からお伝えすると、たいていはストレスないです。以下、具体的に紹介します。

ストレスなし

  • LINE
  • Twitter
  • YouTube視聴
  • Goolgeマップ
  • スマホゲーム(パワプロ・ポケモンGO・ツムツム)

LINEで1分以上の動画を送るときは送信が完了されるまで割と待つので、ちょっと気になる程度です。

我慢できるレベル

  • Yahoo!ニュースの閲覧
  • TikTok

すぐに読み込みされなくても、数秒待てば画像も動画も読み込みされるので許容範囲内です。

画像の読み込みとアプリのダウンロードにはストレスを感じる

以下の内容には、ストレスを感じます。

  • Instagram
  • 画像の多いサイト・ブログの閲覧
  • アプリのダウンロード・更新
  • ゲームの更新データのダウンロード

調子がいい時はすぐに読み込んでくれてストレスないですが、速度が出ていないと数秒の間ではあるものの、割と待たないと画像が表示されないことが多いので私はストレスを感じますね、、、

ゲームアプリのダウンロードに時間がかかる

特にアプリやゲームの更新データなんかをダウンロードするときは恐ろしく時間がかかります。実際、140MB程度のゲームアプリは画像のように34分かかりました。

楽天モバイルの速度に関するユーザーの口コミ

楽天モバイルの速度に関するユーザーの口コミ
楽天モバイルの速度に関するリアルな口コミをTwitter上からお借りしました。

混雑時間帯のスピードの遅さと、リアルタイム性が要求される投資には不向きなことがわかります。

やはり若干の遅さを感じつものの、必要最低限のことはできるレベルの速度が出ていることがわかりますね。

楽天モバイルの速度が遅い理由と対処法

楽天モバイルの速度が遅い理由と対処法
楽天モバイルの速度が遅い時の理由と対処法を紹介します。

理由:回線の提供方法にあり

楽天モバイルの速度が遅い理由:回線の提供方法にあり
楽天モバイルの速度が遅い理由は、ドコモ(組み合わせプランはauからも)から通信設備を間借りしているからです。

例え話しですが、100のスピードうち10のスピードをドコモから借りたとします。
10のスピードを全会員で使おうとすると、全員で分配して使う必要がありますよね。

ユーザー数が増えると遅くなる
2人で分配するなら1人5のスピードがもらえて、5人で分配するなら1人2のスピードがもらえる計算になります。

※実際は、借りる量を増やしたりして常に増強していたりしてるので、あくまでイメージとして捉えて下さいね。

このように、使う人数が増えればその分、1人あたりのスピードが遅くなるというわけ。

利用する人が多い時間帯が遅いのも納得ですね。

では、速度が遅い時間帯はどのように対策すればいいのでしょうか。

対策:Wi-Fiをうまく活用する

アプリのダウンロードや更新など、ストレスを感じることはWi-Fiをうまく活用しましょう。

残念ですが、通信設備を間借りしているので根本的な解決方法はないんです。

実際に私は、アプリのダウンロードや更新なんかは自宅のWi-Fi環境でしかやらないよう対策していますよ。

もし自宅にWi-Fi環境がない場合は、楽天モバイルWi-Fi by エコネクトという公共Wi-Fiのオプションを契約してもいいですし、以下の無料でWi-Fiが使える場所を利用してもいいかと思います。

  • 公共のWi-Fiスポット(マックやイオンなど)
  • 無料でWi-Fiを貸してくれるお店(カフェ、個人経営のお店など)

ただ、無料の公共Wi-Fiはかなり不安定なのでアプリのインストール程度にした方だ無難ですよ。

まとめ

楽天モバイルの速度について、ここまでの内容をまとめます。

  • 楽天モバイルの速度は遅いけど、用途によって気にならないレベル
  • 画像の読み込みやアプリのダウンロードには不向き
  • 利用する時間帯や内容によって通信品質に差を感じる
  • 速度が遅い理由は、通信設備などを間借りしてるから
  • 速度の遅さに根本的な対策はないので、Wi-Fiをうまく活用する必要がある

正直な話し、楽天モバイルの速度は、用途によって遅さ感じるという理解が必要ですが、速度以上のメリットが多い格安SIMでもあります。

家や職場でほぼWi-Fiで利用できる方や、多少の速度の遅さを気にしない方なら選んで問題ない格安SIMですよ。

今回はここまで。

もし、サイト内で解消されない疑問があれば、お気軽にTwitterにDMいただけると回答しやすいです。