RakutenLinkアプリはiPhoneで使えるの?対応機種から注意点まで解説

楽天モバイル

RakutenLinkアプリはiPhoneに対応しているの?

RakutenLinkアプリって相手もアプリを使ってないといけないの?

今回はこんな疑問にお答えします。

本記事を読んで分かること

  • RakutenLinkアプリはiPhoneで使えるか
  • RakutenLinkアプリの対応機種
  • RakutenLinkアプリでできること
  • RakutenLinkとLINEの違い
  • RakutenLinkアプリを使う際の注意点

かんたんな自己紹介

きずく

この記事を書いている私は、実際に楽天モバイル(MNO)を使っています。

契約前にいろいろ調べたのと実際に使ってみて感じた注意点があるので、今回は内容をシェアしていきますね!

おトク情報

現在、楽天モバイルは、300万名限定で基本料金を1年無料にしています。

その他にも、最低でも6,300円分のポイントプレゼントをもらえるキャンペーンを実施中です。

\契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/

RakutenLinkアプリはiPhoneで使えない

残念ですが2020年5月31日時点では、iPhone用のアプリすら存在しません、、、。

iPhoneは非対応となります。

楽天モバイルをiPhoneで使うなら、30秒20円の通話料金がかかるということ。

ただし、代替機的な2つの対処法があります。

  • G-Callに登録する
  • 楽天モバイルの製品を購入する

それぞれ解説しますね。

対処法①:G-Callに登録する

G-Callはどの携帯会社でも登録できる、通話定額サービス。

専用アプリから電話をすると、通話料金が30秒10円になります。

登録は無料で、解約料もなし。

また、必要なら月800円の「かけ放題プラン」オプションに加入すれば、1回10分間かけ放題になります。

RakutenLinkアプリがiPhoneに対応するまで、代替機的にG-Callは利用できますね。

電話サービスG-Call
電話サービスG-Call
開発元:gap Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

対処法②:楽天モバイルの製品を購入する

直接的な対処法とはなりませんが、iPhoneにこだわりがなければ、RakutenLinkに対応している楽天の製品を購入するのが無難かなと思います。

iPhoneから機種変更するのにかんたんな楽天の機種は、OPPOのスマホですかね。

oppoのデータ移行

理由は、OPPOに標準で入っている「データ移行アプリ」を使うと、iPhoneから電話帳と写真をPCや外部メモリ不要で移行できるから。

iPhoneが10万円前後なのに対して、OPPO製品は3〜4万円弱のものが多いです。

安いとはいえ、スマホを使う上では必要すぎる性能を持っていてコスパが最強なので、機種選びの参考にどうぞ。

\契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/

RakutenLinkアプリの対応機種

楽天モバイルで販売している(過去含む)22機種のAndroid端末のみです。

2020年4月現在の対応機種は下記のとおり。

販売されている端末

  • HUAWEI nova 5T
  • Xperia Ace
  • Galaxy A7
  • Galaxy S10
  • Galaxy Note10+
  • AQUOS sense3 lite
  • AQUOS sense3 plus
  • arrows RX
  • OPPO Reno A 128GB
  • OPPO A5 2020

過去販売されていた端末

  • AQUOS zero SH-M10
  • AQUOS R2 compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • OPPO Reno 10x Zoom
  • OPPO AX7
  • OPPO R17 Pro
  • OPPO Find X
  • HUAWEI P30 lite
  • HUAWEI nova lite3

上記の端末は、楽天モバイルMNOを利用するためにソフトウェア更新が必要です。

RakutenLinkアプリでできること

主に、無料通話とメッセージのやりとりができます。

RakutenLinkと聞くと、なんとなくLINEを連想しますよね、、、。

「RakutenLinkアプリ同士は無料」など公式ページに書かれていて、混乱している方も多いようです。

なので、少しでも疑問が解消できるよう、RakutenLinkアプリについて解説していきますね!

国内通話がかけ放題

相手がRakutenLinkアプリを使っていなくても、国内通話かけ放題です。

▼横にスクロールできる表です。

発着信の状況相手がRakutenLinkアプリを使っている相手がRakutenLinkアプリを使っていない
日本→日本無料無料
海外→日本無料無料
日本→海外無料従量課金
海外→海外無料従量課金
日本で電話を受ける無料無料
海外で電話を受ける無料無料

※従量課金となっている通話料は、国別に異なります。かかる通話料金はこちらからご確認下さい。

上記表のとおり、国内通話は相手がRakutenLinkアプリを使っていなくてもかけ放題ですね。

携帯電話、固定電話問いませんので、特殊な番号にかけない限り、無料です。

非通知発信(184)ができる

RakutenLinkアプリから発信する際、通常どおり相手の電話番号の先頭に「184」を付ければ、非通知で電話することもできます

登録した電話帳は自動でバックアップ・復元される

バックアップされるデータは下記のとおり。

  • 電話帳
  • 通話
  • チャット履歴
  • チャットで送受信したメッセージ
  • チャットで送受信した写真
  • 動画を含むファイル

故障や機種変更時も、同じ楽天IDでログインすれば自動的にデータは戻ってくるので、電話帳を移行する手間がなく便利ですね。

発着信履歴がきちんと残る

格安SIMで提供されている通話料金を安くするアプリには、着信履歴が残らないものも存在します。

RakutenLinkアプリは、しっかり発着信履歴が残るので、わざわざ標準のでんわアプリを開いて確認というこはなし。

地味ですが、格安SIMを何社も使ってきた身としてはありがたい機能です。

緊急電話などもRakutenLinkアプリでかけられる

RakutenLinkアプリは、自動的に切り替えて電話してくれるので、アプリの使い分けは不要です。

他社の通話アプリは、緊急電話の際は標準のでんわアプリに使い分けが必要なので、便利ですね。

RakutenLinkアプリとLINEの違い

かんたんに表にしてみました。

▼横にスクロールできる表です。

内容RakutenLinkLINE
相手もアプリが必要か不要必要
携帯・固定電話への発信
SMS送受信
ギガの消費なしあり

最大の違いは、相手がRakutenLinkアプリを使っていなくても無料通話ができるということ。

LINEだとアプリ同士でないと無料通話もメッセージのやりとりもできませんが、RakutenLinkは違います。

RakutenLinkアプリは、スマホの「でんわとSMSの機能の1つになったアプリ」と考えてもらえると分かりやすいかなと思います。

単純に今までのでんわ機能の置き換わるものとなっていますね。

RakutenLinkアプリ利用時の5つの注意点

ここからはRakutenLinkアプリの注意点を5つ紹介していきます。

  • 楽天モバイル契約者しか使えない
  • Wi-Fiに繋がっている時など非通知発信になることがある
  • 海外で利用する際、my楽天モバイルから「海外ローミング」をONにする
  • 通常の電話アプリでアプリでプレフィックス番号を付けて発信などの概念はない

それぞれ解説していきますね。

楽天モバイル契約者しか使えない

残念ですが、アプリがインストールできても楽天モバイルを契約していないと使えません。

楽天モバイルの公式ページの利用条件に「楽天回線を契約していること」という条件がある以上、仕方ないですね、、、。

Wi-Fiに繋がっている時など非通知発信になることがある

現状のRakutenLinkアプリの仕様で、下記の2つに該当すると、相手に非通知で電話がかかります

  • Wi-Fiに繋がっている時
  • 相手の電話帳に電話番号が登録されていない時

ちょっと不便ですよね、、、。

自宅にいて電話をする際は、Wi-Fiを切る必要があります。

特殊な仕組みなのか…今後のアップデートで仕様が変更されることを希望します!

海外で利用する際、my楽天モバイルから「海外ローミング」をONにする

RakutenLinkアプリは、海外で電話をするのにネット回線を利用します。

なので、海外でネットができるよう「海外ローミング」をONする必要があります。

設定を忘れると電話ができないので注意です。

通常の電話アプリでプレフィックス番号を付けて発信などの概念はない

RakutenLinkはアプリからの発信のみかけ放題となります。

格安SIMの通話定額だと、通常アプリから電話しても専用のプレフィックス番号を付けてさえすれば、10分かけ放題などが適用されます。

しかし、RakutenLinkアプリはそういった使い方はないので、とにかくアプリを使うと思っておけばOKですよ。

RakutenLinkアプリのiPhoneの対応状況や対応機種から注意点までのまとめ

  • RakutenLinkアプリは、残念ですが現状でiPhone非対応
  • 代替機的にG-Callサービスを活用できる
  • RakutenLinkアプリは、過去含め楽天モバイルで購入できる22機種に対応
  • RakutenLinkアプリから発信すると、相手の環境とはず国内通話がかけ放題
  • 海外では一部通話料金がかかる点に注意
  • ただし指定の66か国ならRakutenLinkアプリ同士の通話でかけ放題に
  • RakutenLinkアプリも、非通知など通常のでんわと同じことができる
  • 自動のバックアップ・復元機能は故障時や機種変更時に便利
  • LINEとの最大の違いは、相手側はRakutenLinkアプリが要らないということ
  • 楽天モバイル契約者しか使えない
  • 楽天回線エリア外だと、通話品質がネット環境に依存する
  • Wi-Fi利用時や、相手の電話帳に登録されていない時は、非通知になるので注意

RakutenLinkアプリは少し注意点もありますが、活用すれば通話料金を大幅に削減できる便利なアプリですね!

MNOになった楽天モバイルは、値段が安くて通信速度も速いので、ヘタに格安SIMにするぐらいなら、楽天モバイルで決めちゃっていいと思いますよ!

\契約者が300万名に達したら即終了!1年無料で使うならお早めに/

人気記事楽天UN-LIMITへの乗り換えガイド【初心者向け】
人気記事楽天モバイルUN-LIMITに乗り換えた感想【ネット上の評判・口コミは高評価】