【2020年】格安SIMランキング【快適に使えるものを紹介】

10月以降の楽天モバイルを総まとめ【MNOからiPhone利用まで疑問にお答えします】

楽天モバイル

  • 楽天モバイルは10月から何が変わるの?
  • 9月中と10月以降、いつ申し込んだ方がいいの?
  • iPhoneは10月以降も使えるの?

こういった疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • MNOサービスの提供は延期でテストユーザーを募っている
  • 新プランは割引が1年分少ない
  • 新しくXperiaやGALAXY端末の取扱いがスタート
  • 安さ重視なら9月、契約期間のしばりやXperiaやGALAXY端末をセットで購入したいなら10月以降に申込み
  • 10月以降もiPhoneは使える

こんにちは、きずく(@kizuku_plusul)です。

最近、携帯料金が頻繁に変わるので困りますよね…。
私もそうです。ただ業界経験が5年あって元々、ドコモショップの店長を務めていたので業界の動きには割とすぐ順応できます。

そんな私が、楽天モバイルの動向が気になる方の疑問が少しでも解消できるよう、10月以降の楽天モバイルについて解説していきます。

念のため、情報ソースを添付しておきますね。

公式楽天モバイル、10月より携帯キャリア事業としてのサービスを開始
公式楽天モバイル、MVNOサービスの「スーパーホーダイ」などを10月より刷新

乗り換えを検討している方の参考になれば幸いです。

楽天モバイルは10月以降もMVNOサービスを継続、MNOサービスの本始動は延期

楽天モバイルは、7月時点で基地局の開設が遅れていると総務省から指導を受けていました。このことからも予想されていたとおり、MNOサービスの提供は延期になります。

では、何が変わるのか見ていきましょう。

楽天モバイルは10月から携帯キャリアになるけど、MNOサービスの本始動は延期

10月1日からの立ち位置はdocomo・au・ソフトバンクと同じ、携帯キャリアになりますが、楽天の電波を提供するのは延期になります。

2020年3月末までは4つの地域でテストユーザーを募る

東京23区・名古屋市・大阪市・神戸市、限定で5,000名のテストユーザーを募集しています。 いろいろと条件があるようですが、2020年3月末まで無料で下記の内容が試せます。

  • 国内・国際通話が無制限
  • 国内・海外のデータ通信が無制限

テストがうまくいって、この内容が本リリースされたら携帯業界は震えますね。各社対応しないとユーザーがいっきに楽天に流れる可能性もあります。 月額料金がいくらになるか見ものですね。

10月からMVNOサービスは、新プランで提供スタート

現行プランと比較した変更点は下記の3つです。

  • 違約金なし
  • 契約期間のしばりなし
  • 割引が2年から1年間に縮小

注意点も含め、具体的に見ていきましょう。

新プランは1年分の割引がなくなる

一見して同じ金額に見えますが、1年分の割引がなくなります。つまり合計で1.8万円、新プランの方が高くなります。

上記グラフのように推移して、新プランSの方が1年早く定価の2,980円になります。 その代わりに違約金と契約期間のしばりがなくなった感じですね。

既ユーザーは、最低利用期間中に新プランに変更すると、違約金がかかる

残念ですが、既ユーザーが最低利用期間中にプラン変更する場合、違約金の9,800円かかります。

10月からXperiaやGALAXY端末の取り扱いが始まる

9月24日から新機種の予約受付がスタートし、携帯キャリアでしか取扱いのないXperia Aceをはじめ、GALAXY A7やS10の販売が決まりました。

ほとんどの端末が10月上旬から販売となるので、MVNOの格安の料金で XperiaやGALAXY端末が使えるのは非常に大きなメリットだと思います。

9月中と10月以降と、申込み時期で迷うなら3つの基準で判断してみよう

私の結論として、次の3つで線引きしています。

  • 料金重視なら9月中
  • 契約にしばられたくないなら10月以降
  • 格安料金でXperiaやGALAXYを使いたいなら10月以降

それぞれ解説します。

乗り換えしない前提なら、割引額を考えると9月中に申し込んだ方が安い

9月中なら下記メリットがあります。

  • 割引が申込みから、2年間受けられる

10月以降に申し込むと、違約金と契約期間のしばりがない代わりに、1年分の割引がなくなるので、少しでも安く持ちたいなら9月の方がよさそう。

契約に縛られたくないなら、契約期間のしばりがない10月以降に申し込んだ方がいい

楽天MNOサービスの本格スタートが2020年春とあるように、携帯料金の変更ラッシュはまだ続くと私は考えています。

もし1年分の割引がなくなってもいいなら、今後すぐに動けるよう契約のしばりのない10月で申し込むのもありかも。

格安料金でXperiaやGALAXY端末を使いたいなら、10月以降に端末セットで申込みもあり

まだ新機種の価格が発表されていませんが、XperiaやGALAXYの端末と一緒に、格安の料金で申し込みたいならそれもありかもですね。

ひとまず10月からもiPhoneは使えます

テストユーザー以外はMVNOサービスを利用することになるので、iPhoneを使うことができます。ただし、MNO(楽天回線)になるとやはり対応していないようなので、今後のiPhone対応については続報を待つしかありませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
10月以降の楽天モバイルを下記にまとめます。

  • MNOサービスの提供は延期、テストユーザーを募る
  • 10月以降もMVNOサービスの提供は継続され、プランが新しくなる
  • 新プランは、違約金と契約期間のしばりがなくなるけど、割引が1年分少なくなる
  • 既ユーザーは、新プランに変更するのに違約金がかかる
  • 10月以降、XperiaやGALAXYの取り扱いがスタート
  • 料金を安くしたいなら9月中がおトク
  • しばりをなくしたり、新機種とセットで申し込みたいなら10月以降がいいかも
  • ひとまず10月以降もiPhoneが使える

こんな感じです。

ご不明点あれば、分かる範囲で回答できますので、よろしければTwitterのDMまでどうぞ。今回は以上です。