【お知らせ】現在、記事内容の更新中!一部レイアウトが崩れている可能性がありますので、ご容赦願います。

【最新】楽天モバイルを利用して感じたメリット・デメリットを5個ずつ紹介

楽天モバイル

注意

本情報は楽天モバイル(MVNO)の情報です。

MVNOの受付は2020年4月7日で終了しています。

楽天モバイルに申し込むとなると、今はMNOのRakuten UN-LIMITへの申し込みとなるので、詳細は楽天モバイルのUN-LIMITプランを解説【スマホ史上最強のプランです】をご確認下さい。

 

楽天モバイルのメリット・デメリットを確認したい人「楽天モバイルに乗り換える前に、実際に使っている人が感じるメリット・デメリットをしっかりと確認しておきたいです。」

 

楽天モバイルへの乗り換えで失敗しないためにも、しっかりとメリット・デメリットを確認しておきたいですよね。

そこで、こういった疑問にお答えする記事を用意しました。

本記事の内容

  1. 楽天モバイルのメリット5つ
  2. 楽天モバイルのデメリット5つ

私はこれまで、楽天モバイル含め格安SIMを5社使ってきたので、一般的な格安SIMと比較して感じる、楽天モバイルのメリット・デメリットを紹介していきますね。

※本記事では一般的に言われる格安SIMのデメリットではなく、楽天モバイルに特化したメリット・デメリットを厳選して紹介します。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルのデメリット
まずは、楽天モバイルのデメリットを5つ紹介します。以下のとおり厳選しました。

  • 速度は期待しない方がいい
  • iPhoneは販売されていない
  • 分割はクレジットカード払いのみ
  • データSIMでは1Mbpsを使えず、データ量に制限あり
  • 初月日割りされない

それぞれ紹介していきますね。

速度は期待しない方がいい

楽天モバイルの速度に私は遅さを感じます。ザ・格安SIMといったイメージ。

なぜなら、ドコモから(組み合わせプランはauからも)回線を間借りしてサービスを提供しているから。

詳細は、楽天モバイルの速度は遅い?実際の使用感と口コミを紹介します【検討中の方向け】で紹介しています。

速度を気にするなら要チェックですよ。

 

 

 

iPhoneは販売されていない

楽天モバイルではiPhoneの販売がされていません。

理由は、楽天モバイルが2019年7月ぐらいにiPhoneの販売を終了したため。

楽天モバイルはiPhoneの販売を終了している
ただ、楽天モバイルを利用していてもiPhoneを購入する方法はありますよ。

詳細は、【最新】楽天モバイルでiPhoneを購入できるの?【iPhoneの購入方法を4つ紹介】にて紹介しています。

iPhoneを購入したい場合は、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

分割はクレジットカード払いのみ

端末の分割購入はクレジットカードのみ対応です。

クレジットカード以外は、楽天モバイル側が対応していません。推測ですが、まだ大手キャリアのように分割の審査ができないのだと思います。

楽天モバイル、端末の分割購入はクレジットカードのみ
画像のとおり、チャットサポートに確認もしました。

端末の分割購入をしたい場合は、どうしてもクレジットカードのみ受付となってしまいます。

なお、楽天カードならかかりませんが、クレジットカード会社の金利、手数料がかかるのでご注意を。

データSIMでは1Mbpsを使えず、データ量に制限あり

データSIMを契約すると低速時の速度は200Kbpsになり、無制限に利用できません。

理由は、データSIMは組み合わせプランでしか契約できないから。

楽天モバイルのデータSIMはスーパーホーダイ契約不可
実際に申込み画面でデータSIMを選択すると、画像のとおり組み合わせプランしか選択できないようになっています。

残念ですが、データSIMは組み合わせプランでの契約となるため、1Mbpsを体感することができず、データ量に制限もあるんです。

初月日割りされない

楽天モバイルの料金は、初月でも日割りされません。

こちらは楽天モバイルの注意事項に記載あり。

料金自体が安いので許容範囲内ですが、どうしても気になるなら月初で契約した方がいいかも。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリット
次に、楽天モバイルのメリットを5つ紹介します。デメリットと同様、次のとおり厳選しました。

  • 楽天ポイントメリットが大きい
  • 低速時も無制限でYouTubeが観られる
  • Androidならキャリア決済ができる
  • 口座振替に対応
  • 購入できるのは全てSIMフリー端末

それぞれ紹介していきますね。

楽天ポイントのメリットが大きい

楽天モバイルを契約すると、非常に大きなポイントメリットを受けられます。

  1. SPUにより楽天市場でのお買い物が+2倍(楽天カードを持っていれば合計+5倍)
  2. 月額料金100円に対して1ポイントたまる
  3. 月額料金を楽天カードで支払えば、さらに100円で1ポイントたまる
  4. 月額料金を楽天ポイントで支払える

例えば、楽天市場で5の付く日に2万円のふるさと納税を楽天カードですると、SPUのポイント倍率と合わせて+10倍たまるので、2,000ポイントたまります(通常は100円1ポイント)。

スーパーホーダイのプランSが1,480円なので、ポイントで支払えば実質0円。

実際に実質ツイッターで探すと、楽天モバイルを0円で維持されている方は大勢いらっしゃいます。


両学長も言っています。


格安SIMで月額料金を実質0円にできるのは楽天モバイルだと思います。

このように楽天モバイルは、非常にポイントのメリットが大きいです。

低速モードでも無制限でYouTubeが観られる

楽天モバイルは低速時に1Mbpsの速度が出て(一部時間帯を除く)、格安SIMによくある3日制限がありません。

低速モードと聞くと遅いイメージがありますが、実はYouTube再生には十分な速度なんですよ。

楽天モバイル1MbpsでYouTube再生可
画像のとおり、YouTubeのシステム要件からも、1Mbps出れば360p画質の再生に充分な速度であることがわかります。

実際に使ってみると、やっぱり360p画質で止まることなくYouTubeを視聴できました。

その他1Mbpsの使用感は、別記事(すみません、準備中です)で紹介してます。

使いこなせば大容量プランでの契約が損だと思えてくるので、チェックしてみてください。

Androidならキャリア決済ができる

楽天モバイルは、GppglePlayでキャリア決済に対応しています。

例えば、GppglePlayから映画や音楽、有料アプリの購入、アプリ内課金をスマホ代とまとめて支払うことができます。

 

 

GppglePlayのみとはなるものの、キャリア決済に対応しているのは便利ですね。

口座振替に対応

楽天モバイルは、手数料が月100円かかるものの、月額料金の支払先を口座振替にできます。

対応の銀行はこちらから確認できます。JAバンクなどには対応してません。

クレジットカードを持っていなくても契約できるのは助かりますね。

購入できるのはSIMフリー端末

楽天モバイルで購入できる端末はSIMロックがかかっていません。楽天公式でアナウンスされていますよ。

楽天モバイルの端末は全てSIMフリー端末
画像のとおり、販売されている端末にSIMロックはかかっていないことが確認できます。

仮に楽天モバイルから転出したとしてもそのまま使えるし、デュアルSIM対応端末なら、他社のSIMカードも1つの端末で使えるので嬉しいですよね。

まとめ

ここまで楽天モバイルのメリット・デメリットを紹介してきました。

内容を以下にまとめます。

  • 楽天モバイルのデメリット
    • 速度は期待しない方がいい
    • 速度は期待しない方がいい
    • iPhoneは別で購入する必要あり
    • 端末の分割購入はクレジットカードのみ
    • データSIMは1Mbps出ず、データ量に制限あり
    • 初月も日割りされないので、気になるなら月初の契約を
  • 楽天モバイルのメリット
    • 楽天ポイントで月額料金を実質0円にだってできる
    • 低速時も無制限でYouTubeが観られる
    • GooglePlayでキャリア決済できる
    • 口座振替に対応
    • 購入できる端末は全てSIMフリー端末

楽天モバイルへの乗り換えで失敗しないためには、特に速度、iPhone販売、分割購入をしっかり抑えれば、大丈夫かと思います。

» 楽天モバイル

 

今回はここまで。

サイト内で解消されない疑問があれば、お気軽にTwitterにDMいただけると回答しやすいです。

\ 記事をシェアする /