4/27からiPhoneが楽天モバイルに正式に対応しました!詳細はコチラ

iPhoneが楽天回線エリアなのにパートナー回線になる3つの理由や対処法など

楽天モバイル


楽天モバイルでiPhoneを使うことを検討中。ネットの評判を見ていると、楽天回線エリアなのにパートナー回線に繋がるといった口コミをよく見るので心配…。実際どうなの?

楽天モバイルは、無制限に使えて3,278円。しかも3ヶ月間スマホ料金が無料です。

これならWi-Fi要らなくなるじゃん!と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際iPhoneで楽天モバイルを使ってみると、そううまくは行かないんですね。

なので今回は、楽天モバイルでiPhoneを使う場合、楽天回線エリアなのにパートナー回線に繋がる実態と、その理由や対処法などを解説していきます!

この記事を書いている私は、楽天モバイルでiPhoneを使って今月で11ヶ月目になります。

また、携帯ショップで約7年間働いた経験もあるので、割と携帯関係について細かく調べられるほうかなと思います。

本記事の信頼性の担保になれば幸いです。

ざっくりまとめると…

  • 現状、iPhoneを楽天モバイルで使うと、楽天回線エリアなのにほとんどパートナー回線に繋がる
  • 毎月5GBも使わないなら、楽天回線に繋がりづらいことを気にする必要はなし
  • エリア問わずパートナー回線に繋がる理由は3つある
  • どれも個人で改善することはできないため、接続回線を切り替える目的で機内モードを活用しての対処が必要
  • ただし、楽天回線に繋がりづらいため、代替的に低速モードを活用して高速データ量を節約すると良い
  • 低速モードを活用すると、YouTubeを無制限に視聴できるので快適に使える

\ 3ヶ月間スマホ料金が無料になるキャンペーン実施中! /

楽天モバイルの詳細を確認する

まずは楽天回線とパートナー回線の違いをかんたんにおさらいしておきましょう!

  • 楽天回線:楽天モバイル自社の電波
  • パートナー回線:楽天回線が提供できない場所で使われているauの電波

楽天回線は、現在基地局を建設している途中。

楽天回線が繋がりづらい場所では、補助的にKDDIからau回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、楽天回線なら無制限に高速通信を使えて、パートナー回線では月5GBまで高速通信を使えるようになっています。

ちなみに、毎月使っているデータ量が5GB未満なら、正直、楽天回線でもパートナー回線でも通信速度に差はないので、全く問題なく使えますよ!本記事で紹介する内容は気にしなくてOK!

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる?11か月使った実状を紹介します

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
結論から言うと、楽天回線エリア内でもほぼパートナー回線に繋がります。

楽天モバイルでiPhoneを使って11ヶ月目ですが、毎月使っている10GB前後のデータ量の内、楽天回線で使えているのは1GB未満といった状態です(画像参照)。

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
使っている場所は、福井県福井市大町。楽天モバイル公式のエリアマップでは、ガッツリ楽天回線エリアですよね…。

一応、人より気にして、外に出る度に機内モードをON・OFFして接続回線を切り替えて使っているのですが、それでも1GB未満といった状態です。

もちろん場所や環境なども影響するとは思いますが、似たような口コミが多いので、まだまだiPhoneでは楽天回線に繋がりづらい状態と言えます。

ちなみに取引先の方もiPhoneで楽天モバイルを使っているのですが、その方も楽天回線をほとんど掴まないと言ってました…。

楽天回線エリアなのにパートナー回線に繋がる理由

ではなぜ、公式のエリアマップ上は楽天回線エリアなのに、パートナー回線に繋がるのでしょうか。

その理由は、上記の3つです。それぞれ見ていきましょう!

理由①:楽天回線にプラチナバンドがないから

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
楽天回線は、プラチナバンドという周波数が低くて繋がりやすい電波が、国から割り当てられていません。

現状あるのは、周波数の高い電波(1.7GHz帯の電波)のみです。

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
専門的な話しを省いてお伝えすると、上記のイメージのとおり、周波数の高い電波だと障害物の影響を強く受けてしまうんですよね。

なので、楽天回線は繋がりづらくなっています。

一方で、auから借りているパートナー回線はプラチナバンドなんです。

プラチナバンドは、障害物を回り込んだり、浸透したりしてより遠くまで電波が届きます。

そのため、ほとんどの場所でパートナー回線に繋がるといった状態になっています。

理由②:基地局が少ないから

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
iPhoneを含めスマホは、基地局というアンテナと電波を送受信することで、電話やインターネットができるのですが、楽天モバイルの基地局はまだまだ少ないです(上画像の数字を参照)。

1つの基地局からの電波は届く範囲が決まっているので、数が少ないとそれだけ繋がりづらくなります。

また、スマホは近くにあるより強い電波を拾う特性もあり、現状ですと、圧倒的に基地局の多いパートナー回線の方が繋がりやすいと状態になっています。

理由③:iPhoneが楽天回線への自動切り替えに対応していないから

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
楽天モバイルでiPhoneを使う場合、接続回線は自動で切り替わりません。

楽天モバイルで販売しているAndroidスマホなら、接続回線を自動で切り替えるので、楽天回線が強い場所では、楽天回線に繋がってくれるのですが…。

iPhoneは非対応なんですよね。なので、余計に楽天回線に繋がりづらくなっています。

iPhoneは、初期設定時にパートナー回線を拾ったら、意図して機内モードなどで接続回線を切り替えない限り、楽天回線に繋がらないので注意が必要です。

楽天回線エリアなのにパートナー回線に繋がる時の対処法

対処法として、上記2つがあります。

実用的なのは機内モードのON・OFFですね。それぞれ見ていきましょう!

前提:根本的な解決は楽天モバイルに依存する

楽天回線が繋がりづらい3つの理由は、私たち個人ではどうすることもできない問題です。

楽天モバイルの今後の取り組み次第で、だんだんと良くなっていくので根本的な改善は、楽天モバイルに依存します。

機内モードをこまめにON・OFFする

現状できる実用的な対処法は、こまめに機内モードをON・OFFして楽天回線に切り替えること。

必ずしも楽天回線に接続できないわけではないので、機内モードで楽天回線が繋がるところを探すようにしましょう!

自宅ならRakuten casaの導入で改善の見込みあるもメリットは薄い

自宅ならRakuten casaという小型の基地局を設置すると、電波の届く範囲を楽天回線エリアにできます。

ただし、Rakuten casaの利用には楽天ひかりなどの指定された光回線が必要…。

光回線の契約をすれば、Wi-Fiの電波が届く範囲は無制限に利用ができるので、わざわざRakuten casaを設置する必要性は低いですよね…。

楽天回線エリアなのにパートナー回線に繋がる時の代替案

繋がりやすさは、電波の問題が解消してくれない限りどうしようもできないので、パートナー回線でどう使っていくかを考える必要があります。

そこで使えるのが低速モードです。

パートナー回線は低速モードを活用しよう!

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる
楽天モバイルの低速モードは実行速度で1Mbps前後出てくれて、結構使い物になります!

一般的な格安SIMだと、低速状態で最大300Mbpsのものが多いです。

300Mbpsだとネット検索していて、ページや画像の表示に時間がかかったり、LINEで画像や動画を送るのに時間が結構かかってストレスですが、1Mbps出ていると気になりません。

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる

しかも、1Mbpsの速度が出ると、YouTubeが普通画質(360p画質)で再生ができるんです!

低速モードは、パートナー回線で使える月5GBの高速通信を消費しません。

なので、楽天回線に繋がらないとしても、私のようにストレスなしで、月に10GB前後利用することも可能ですよ。

低速モードへの切り替えは、my楽天モバイルアプリから

楽天回線エリアなのにパートナー回線になる

低速モードへの切り替えはスイッチ1つで簡単にできます。

my楽天モバイルアプリを開いて、データ高速モード横のスイッチをOFFにするだけでOK。

まとめ:iPhoneは楽天回線に繋がりづらいが低速モードの活用で快適に!

  • 現状、iPhoneを楽天モバイルで使うと、楽天回線エリアなのにほとんどパートナー回線に繋がる
  • 毎月5GBも使わないなら、楽天回線に繋がりづらいことを気にする必要はなし
  • エリア問わずパートナー回線に繋がる理由は3つある
  • どれも個人で改善することはできないため、接続回線を切り替える目的で機内モードを活用しての対処が必要
  • ただし、楽天回線に繋がりづらいため、代替的に低速モードを活用して高速データ量を節約すると良い
  • 低速モードを活用すると、YouTubeを無制限に視聴できるので快適に使える

3ヶ月間スマホ料金が無料で、4ヶ月目以降もスマホ料金が圧倒的に安い楽天モバイルですが、良い意味でまだまだ改善の余地ありです。

現状では、楽天回線エリアなのにパートナー回線に繋がることが多いですが、低速モードの活用でかなり快適に使えるといったところ。

今後は、2022年秋ごろにプラチナバンドの獲得や宇宙空間に基地局を建設したりと動いているので、来年には楽天回線の繋がりやすさが劇的に改善するかもですね。

\ 3ヶ月間スマホ料金が無料! /

楽天モバイルの詳細を確認する

\ 記事をシェアする /