【真実】ドコモで2年縛りをなしにするのにdカードは不要です

docomo

ドコモの違約金がなしになる詳細を知りたい人
「ドコモの違約金なしの新プランはdカードが必須ですか?違約金がなくなるなら乗り換えも検討しているので詳細が知りたいです。」

ドコモの2年縛り、公式HPにもそこまで詳細な内容がかかれていなくて、分かりづらいですよね。しかもネット上には間違った情報や誤解しやすい情報であふれています…。

そこで本記事では、ドコモの2年縛りをなしにする正確な情報を分かりやすく解説していきます。

なお、本記事の内容はインフォメーションセンターに確認済みです。
元々ドコモショップの店長で5年働いていたので、ドコモの考え方を理解しています。

では、さっそく本題に入りましょう。

【真実】ドコモで2年縛りをなしにするのにdカードは不要です

結構、勘違いされている方が多いですが、2年縛りなしの条件にdカードは不要ですよ。10月からの新プランは、

  • 2年縛りあり
  • 2年縛りなし

の2つから選択できるようになっています。

つまり、2年縛りなしのプランを選択すると縛りがなくなり、2年契約ありのプランを選択すると違約金が1,000円になるというわけ。ただそれだけなんです。

違約金を1,000円にしたり、縛りをなくすのに、dカードは一切不要です。

では、なぜ2年縛りをなくすために、dカードが必要と案内されているのかを解説します。

dカード払いにすると、2年縛りなしのプランに割引が入るから勘違いしてしまう

携帯料金をdカードで支払うと、2年縛りなしのプランにのみ「dカードお支払割」という月170円の割引が入ります。

この割引で、2年縛りありのプランと同額になり、 これがdカードが条件のように案内がされている理由と考えられます。

ドコモの2年縛りなし新プランに変更するには注意点もあり

10月以降、たとえ2年縛りなしの新プランに変更しても、違約金や手数料はかかりません。

ただし、変更前プランの2年縛りが引き継ぎされます。

結局、すぐに縛りがなくなるわけではなく、乗り換えや解約すると9,500円の違約金がかかります。何のための法改正なのか…。

その点の詳細は、【悲報】ドコモの違約金ゼロは遠い現実です【理由と注意点を解説する】でまとめています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事の内容を以下にまとめます。

  • 2年縛りなしの条件にdカードは不要
  • dカードを持つ理由は、2年縛りなしのプランに割引を適用するためだけ
  • 2年縛りなしのプランに変更しても、すぐに縛りがなくならない

結局、改正法の対策として新プランが出ただけで、私達既存ユーザーにとっては、何も変わらないのと同じなんですよね…。

今回は以上です。

関連記事 【悲報】ドコモの違約金ゼロは遠い現実です【理由と注意点を解説する】