【悲報】ドコモの違約金ゼロは遠い未来の話しです【理由と注意点を解説する】

docomo

ドコモの違約金ゼロが気になっている人
「ドコモの違約金って新プランに変更すれば、ゼロになるの?乗り換えも検討してるので、注意点などあれば教えて欲しいです。」

本記事では、ドコモの違約金ゼロが遠い未来である理由と注意点を解説します。

なお、本記事の内容はインフォメーションセンターに確認済みです。
元々ドコモショップの店長で5年働いていたので、注意点には敏感なつもりです。

では、さっそく本題に入りますね。

【悲報】ドコモの違約金ゼロは遠い未来の話しです【理由と注意点を解説する】

理由と注意点は下記の2つです。

  • 新プランに変更しても、前プランの2年契約が引き継がれる
  • 新プランに変更できる人は限られている

それぞれ解説しますね。

新プランに変更しても、前プランの2年契約が引き継がれる

2年契約なしの新プランに変更してもすぐに違約金ゼロになりません。

ちょっと図にしてみました。

新プランに変更しても、前プランの2年契約が満了まで引き継がれるので、違約金も9,500円のままです。しかも、現プランの2年契約が更新された直後だと、新プランに変更してから最大で丸2年待つことも考えられます。

違約金なしプランに変更してすぐに乗り換えや解約といったことができないようになっていて、私としては非常に残念です。

新プランに変更できる人は限られている

下記の割引・特典を受けている人は、新プランに変更すると割引がなくなったり、解除料がかかったりで新プランに変更しづらくなってます。

  • 月々サポート
  • docomo with
  • 端末購入サポート

それぞれ見ていきましょう。

月々サポート・docomo withを受けている場合

新プランに変更すると、割引がなくなるので注意が必要です。例えば、下記の契約をしている人が新プランに変更するどうなるか見てみましょう。

  1. 基本料金:シンプルプラン 980円
  2. データ定額料金:ウルトラLパック 6,000円
  3. インターネット接続サービス:SPモード 300円
  4. オプション:あんしんパック 720円
  5. 割引:月々サポート -2,000円
  6. 分割金:3,000円

合計で9,000円です。この契約で新プランに変更すると

  1. 基本料金: ギガホ 6,980円
  2. オプション:あんしんパック 720円
  3. 割引:ギガホ割 -1,000円(半年のみ)
  4. 分割金:3,000円

合計で9,700円(半年後から10,7000円)になります。

この場合、新プランに変更すると高くなりますよね。割引がなくなることで高くなり、新プランへの変更はしづらいといった感じです

端末購入補助を受けた場合

端末購入サポートで端末を購入した人は、端末購入から1年以内に新プランに変更すると、解除料がかかります。こちらもご注意を。

具体的な解除料は、最大で5.2万といった感じです。詳細はこちらのページの表を見て下さい。

以上、ドコモは「ギガホ、ギガライト」の提供が2019年6月と遅かったので、圧倒的に上記の割引や特典を受けている人が多いです。新プランに変更できる人は限られていると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
本記事の内容をまとめます。

  • ドコモの違約金ゼロは遠い現実です
  • 理由と注意点は、以下の2つ。
  • ①新プランに変更しても前プランの2年契約を1度満了する必要がある
  • ②新プランに変更できる人は限られている

といった感じです。

ドコモが違約金ゼロになるのは、細かく見ていくと注意点と絡み合っていて、実現はそうとう後の話しだとお分かりかと思います。

今回は以上です。

関連記事 全社共通の携帯料金のしくみを分かりやすく解説します【業界5年の経験から語る】
関連記事【騙されないで!】ドコモで2年縛りをなしにするのにdカードは不要です